ヤマト屋かばん開発ブログ

え!? コレが不良なの???

 

ヤマト屋の検査で不合格になった商品を見て頂くと

そう思われると思います。

 

例えば、縫い目は「3cm10目」という基準があり、

3cmの間に、縫い目は10目と決まっています。

基準のゲージもオリジナルで作成し検査を行っています。

縫い目(合格品)合格品

3cm10目ゲージ3cm10目 ゲージ(検査用具)

 

不良には他にも、蛇行縫い・縫い込み・縫い込み不足・タック(シワ)・ゆがみ・中心ずれ・生地不良など他にも様々な不良の項目があります。

 

検査は全数行います。

女性検査員が、一本一本丁寧に裏返し、細部にわたり、目視、触視を行い、

糸じりを綺麗にしながら、検査を行いますが、

基本的な考えは、「お金を払って、そのバッグを納得して購入しますか?」です。

自然とお客様の立場になり、厳しい目になります。

 

職人も同じ思いで、縫製をしておりますので、

丁寧に一本一本縫製しており、自然と品質が良くなっていきます。

 

もし、職人がどうしても綺麗に縫えないなどの悩みがあれば、

日本国内の車で行ける範囲内で職人が縫製をしておりますので

徹底した縫製指導をしております。

 

特に、特許を取得しているポリカーボネイト薄合皮バッグ(キキ2やキキテディ)は

非常に縫製が難しい生地になっており、誰でもが縫える生地ではありません。

牛皮革やナイロンなどの素材を縫製している熟練した職人でも、すぐに縫うことはできません。

 

ですので、足を運べる範囲に職人がおり、現地指導を致しております。

 

これからも、高い品質のバッグを創り続けてまいりますので、

末永くご愛顧頂ければ幸いで御座います。


(株)ヤマト屋が、ポリカーボネイト薄合皮バッグが日本でも特許を取得しました!

その他にも、中国、韓国、米国など、世界中で特許を取得しています。

 

以前は、ポリウレタンを使用したバッグで展開をしておりましたが、

数年すると、バッグがベタベタになり、表面がボロボロになって剥離を起こしてしまう。。。

それは、ポリウレタンの特性なのでしかたがない。。。と思っておりました。

 

そんな時に、お客様から

「ベタベタボロボロになるのは、どうにかならない?ヤマト屋さんならなんとかなるでしょ?」と

ご意見を頂戴致しました。

 

生地メーカーと生地生産工場、ヤマト屋の3社で、何年も何年もかけて

研究を重ねたどり着いたのがポリカーボネイト素材。

衝撃に強く、軽くて、高温・低温に強くて、透明度が高くて、経年変化がしづらい。。。

非常に優れた素材でした。

ポリカーボネイト薄合皮バッグは特許取得済

ポリカーボネイト薄合皮を、開発し店頭で販売しても、最初は皆様に理解して戴けませんでした。ポリウレタンバッグを使用している方は、ボロボロになるのがしかたがないこと。。。と、考えられていたからです。

根気強く、店頭、雑誌通販、テレビ通販で販売を進めていくうちに

お使い戴いた方が、実感で商品(素材・機能)に感動して戴き、口コミで非常に多くの方に広がりました。

 

本当にありがたいことです。 

今ではヤマト屋のポリカーボネイト薄合皮バッグ(特許取得済)シリーズ(キキ2やキキテディなど)は、日本のみならず、海外でも人気が出始め、広がりを見せております。

 

【補足】ポリカーボネイトとは?

工業用プラスティックのポリカーボネイトは

非常に硬く、透明度が高いこと、経年変化に非常に強いことから

多種多様な用途で使用されております。

下記が一例です

■電機・電子・光学機器

CDやDVD(LD
家電製品
光ファイバー
カメラの本体(フィルム・デジタル問わず)
双眼鏡
液晶テレビ向けバックライト用拡散板
パーソナルコンピュータの筐体(MacBookなど)
腕時計(HEB MILANOなど)
コピー機やレーザープリンタの感光体

■輸送機器
主に風防(ウインドシールド)として
航空機(軍用機(F-22など)のコックピットのキャノピー、旅客機の客室窓など)
自動車・オートバイなどの輸送機器の方向指示器や尾灯などの各レンズ類、軽量ウィンドウなど
オートバイ乗車用ヘルメットの帽体・バイザースクリーン
鉄道車両(新幹線N700系電車の普通車窓や名鉄2000系のフロント部分など)

■その他機器
機械の油面・液面確認用の窓
医療機器
建築材料

■雑貨・家庭用品
哺乳瓶や食器
ラジコンカー、ミニ四駆のボディ
スーツケース
包装用または光学用フィルム
筆記用具・文房具
サングラスや眼鏡、ゴーグル

■武器・防具
特殊部隊が使用するヘルメットの防弾バイザー
ライオットシールド(盾。主に警察用)
スロートガード
トンファーバトン(トンファーの形状をした警棒)

老舗ヤマト屋とは?

明治25年浅草仲見世で創業した老舗のかばんやさんです。
ヤマト屋のバッグを持つと嬉しくなってしまう。豊富な形と色から楽しく選んでいただいた後は・・・
ヤマト屋オンラインショップ