ヤマト屋かばん開発ブログ
09月
20
2019

2019/9/19メールマガジン「消費税8%対応は29日ご注文分迄 」



【重要なお知らせ】
増税とご注文のタイミングについて

2016 年11 月28 日に施行された法律(平成28年法律第85号及び第86号)に基づき、2019年10月1日から消費税及び地方消費税の税率が8%から10%へ引上げられることとなりました。

つきましては、10月1日発送分から、消費税10%となりますことをお知らせ致します。

ご注文が増税前の9月でも、10月1日以降の発送は、消費税10%となりますので配送指定日にご注意ください。9月30日 からのご注文は、10%となりますのでご注意ください。

 

お待たせしました。ご要望のリュックが入荷しました。
容量8リットルで、タブレット(10.5インチ)や500mlペットボトル、ポーチ、お弁当、折傘などもらくらく収納。
たっぷりマチの、両アオリポケット付き。お客さまのご要望をタップリ詰め込んだ手提げです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
『激闘の九州縦断実演会!での出来事』の巻

来週の店長は
「9月25日 阿倍野ハルカスにて、バッグのお手入れ実演会」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本時間令和元年9月20日午後8時

店長 お疲れ様です。

「お疲れ様~」

ほんとお疲れ様でした。
すっごいスケジュールでしたね。

「おぉ。
 さすがにヘロヘロだ。。。
 やっと明日は3週間ぶりの休みだぁ!」

あ、そうだったんですね。すっごい3週間でしたね。

「札幌・桜ヶ丘・福岡・長崎・熊本・
 鹿児島と実演会をしてきたからね」

まるで寅さんですね。

「馬鹿をお言いでないよ。
 だれが瘋癲の寅なんだい?
 こう見えても、あっしは、本籍、台東区浅草1丁目だぁ。
 葛飾じゃござんせん、ってんだ。」

浅草と柴又ってかなり近い物があると思いますが。。。。
ところで、今回の写真。
全く実演会の様子が無いんですが。。。

「おぉ。そうなんだよ。聞いてくれるかい?」

もう江戸弁いいですから。
はいはい。お聞きしますので。

「写真を撮ってくれる人がいなかったから」

えっ?それだけですか?
お話しは?

「そうよ。
 他に説明のしようもない。
 長崎は、実演場所と売場が離れてたんでうちの
 販売員に撮ってもらうことができず。
 熊本と鹿児島は忙しくて撮ってもらえず。」

ちゃんと理由があるじゃないですか?

「まぁね」

で、不思議なスーツケースの写真はなんですか?

「そうそう。その話ね。
 九州縦断ツアーの初日。福岡空港に颯爽と降り立った私」

そのくだりはいらないと思うんですが。

「天神へ移動して、取っ手を持ち上げたら、あら不思議。
 二本あるはずのバーが、何故か、一本足の逆L字型に。。。
 一件お得意さんにご挨拶に行くのには、
 腰をかがめて無理矢理な格好でスーツケースを押して行った。
 そこでまじまじと付け根を見てみると。
 まぁ、なんということでしょう。
 バーの一本が根元からすっかり折れているではありませんか」

どっかのリフォーム系番組になってますよ。。

「要するに折れて使えなくなったわけよ。
 で、ここからだ。次に伺う先様が、レッドホース(RH)さんだ。
 スーツケースの数じゃなかなか他の追随を許さないぐらいだ。
 そうだ!RH行こう!」

『へ』を抜いた表現は、JR東海ですよ。。

「そんなわけで、RHさんへ行って、
 ご挨拶もままならないままに、『物色!』」

それは古ーいグルメ番組で、『実食!』で
すよね。なんだろな。今日は。。
で見つかったんですね。お気に召したのが。

「そういうこと。
 片面の蓋があくようなタイプ。
 120リットル級を既に持っていてね。
 使い勝手の良さが分かっていたので。
 その中クラスサイズを買ったんだ。
 お陰で、そこから出張は快適だった」

それはようござんした。
で、もう一枚の馬肉っていうのは、なんの為の写真なんですか?

「あ、あのA5ランクの馬肉のことね。
 あれはね。
 『死ぬ前に食べるとしたらなんですか?』
 と聞かれたときに答える食べ物。
 熊本『馬桜』のしゃぶしゃぶ用A5ランクの馬肉。」

はぁ。。
しゃぶしゃぶの肉を、何故か生でご飯にのせてますが。

「そこなんだよ。
 このA5の馬肉は、生で食べられるんだ」

えぇぇぇ。そんなわけ無いでしょう。
店長が勝手に食べてるんでしょう。

「ふふふ。
 日本各地で美味いものを食べている私だよ。
 単なる好き者ではないのさ。
 初めて店に行ったときに、しゃぶしゃぶして食べたんだけど。
 油が全部落ちちゃって『別にA5じゃなくてもいいじゃん』と。
 で、軽くシャブっ!って位で食べたら、これが美味しい。
 もっと軽く。これが又柔らかくて美味い。
 それならいっそ生で。おぉ!これは凄いめちゃ美味い! ってね。
 で、帰りがけに馬桜の店長に、A5を生でご飯にのせると最高だよ!
 って言ったら、『私もそうやって食べるんです』ときたもんだ。
 なんだ。店長もそうして食べてるんだ。とね」

そういうストーリーがあったんですね。

「なにしろ、石のような器で出てくる馬肉が、
 室温になじんでくると、油が透明になって溶けていくんだ」

えっ!?室温でですか!

「そう。だから白いご飯にのせれば当然、
 さらに溶ける。甘い刺身醤油をたっぷりつけて、
 ご飯と共に口に運べば、お口の中で甘みたっぷりの油が溶ける。
 柔らかい肉は噛むほどに旨味が広がる。
 一口、一口が最高の幸せの瞬間となる」

すっごい美味そうですね。

「だろう。
 あの肉に勝てる肉を私は知らない。以上!
 激闘の九州縦断実演会!での出来事だ」

うわぁ。それで終わりなんだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ヤマト屋オンラインショップ

コメント

コメントは受け付けていません。

ヤマト屋開発ブログTOP

老舗ヤマト屋とは?

明治25年浅草仲見世で創業した老舗のバッグメーカーです。
ヤマト屋のバッグを使うとワクワクしてお出かけしてしまう。軽くて柔らかい、実用性に優れたバッグを豊富な形と色から楽しんでいただけます。
ヤマト屋オンラインショップ