ヤマト屋かばん開発ブログ

テディシリーズの新作をただいま試作中。

全貌はお見せできませんのが残念です。

 

試作は必ず加重試験機で、「ヤマト屋基準」を満たしているかを確認しますが、ある試作が「基準」を満たせませんでした。

手紐の付け根に、ショルダー紐をつけて、

加重試験をかけてた結果、ショルダー紐とバッグをつないでいる、金属(カン)が曲がってしまったのです。

 

※(砂袋をバッグに入れて、バッグを振り下ろし、急激に止めてバッグ全体に加重をかけバッグの強度を測る実験です。このバッグの大きさは2kgの砂袋を入れました。瞬間的にバッグにかかる荷重は80kg近くになります。)

 ↓

 

ヤマト屋の基準は非常に厳しいので、通常であれば通る事でもヤマト屋では通りません。

職人泣かせですが、自信を持ってオススメできるバッグを作るために職人は今日も試行錯誤しながら、商品開発をいたしております。

 

 


5月12日は、お母様に「ありがとう」を送る日。

もうすぐ、母の日です。

ヤマト屋のバッグで「快適」「ワクワク」をプレゼント。

ついお出かけしたくなる、そんなバッグをプレゼントしてはいかがでしょうか。

もちろん、今年も無料で包装させて戴きます。

 

ということで、先日シモジマに、母の日包装紙を選びに出かけてきました。

素敵な包装紙がありました!

悩んで悩んで悩んだ末に、数種類、購入してまいりました!

 

※悩んでいる写真を撮るのをうっかり忘れてしまいました。。。

 

 

おすすめ商品を集めた、特集ページをご用意いたしましたので

よろしければご覧下さい!

母の日特集2013
http://www.shop-yamatoya.com/design/08210407/pages/mothersday.htm


ヤマト屋の前まで足を運んで頂き、2階のショールームを見上げたとき、

「ん?暗い。電気がついていないな。定休日かな?看板は出ているのに。。。」と

思われた方も、少なくないはず。

実は、ヤマト屋では、節電を継続的に続けており、お客様のいらっしゃらない時は、電気を消しております。

ヤマト屋 節電中

 

ヤマト屋のショールームはお客様がいらっしゃらない時は、電気を消しております。

1階受付で、ご来店のご連絡を頂戴してから電気をお付けいたしますが、

エアコンを常に切った状態ですので、そのタイミングですとなかなか快適な温度になるまでに時間がかかります。

 

これからのシーズン、ショールームはとても暑くなりますので、快適な温度になるのに1時間近くかかることもあります。

 

不快な温度ですと、落ち着いて商品をご覧いただけない事もございますし、突然 休館をすることもございます。

オススメしておりますのが、「ご予約」でございます。

 

ご予約頂けますと、電気、空調をお付けし、おいしいお飲み物をご用意し、快適に商品をご覧いただけるように準備をさせて頂きます。

 

ごゆっくり、くつろいで頂ければ幸いでございます。

 

ご予約は

電話 0120-116-270

メール ask@yamatoya-tokyo.co.jp

 

 


4月7日(日) 19時~ ショップチャンネルで「フェアリー」ゴブランバッグの放映があります! 昨晩、店長はバッグの「仕込み」をしておりました。 楽しそうでしょ!このバッグをお使いになっている、シーンを思い描き、バッグの中に色々なものを入れていくのです。

 ショップチャンネル放映準備 この100万円はどこに入れようかな

この100万は、放映中どこで登場するでしょうか!?

また、ショップチャンネルのオリジナル商品ですので、ヤマト屋での販売はありませんのでお見逃し無く!

 

ちなみに、こんなワイシャツを用意しました。細かいのですが。。。この辺もお見逃し無く(笑)

Teddy Shoda

 

 

 ショップチャンネル をテレビで観るには?
 http://www.shopch.jp/General1Show.do?incPath=/include/info/info_tvhelp.html&il=topH1&ic=177_navi 

 ショップチャンネル をインターネットで観るには?
 http://www.shopch.jp/JscTop.do

 ※ページ左側のメニューから「テレビ放送を見る」からご覧下さい。

L .C.V に新しい仲間が加わりました!

 

ん?L.C.Vの説明から始めた方がよろしいですね。

ご存じの方の多いとは思いますが、簡単に説明させていただきます。

 

L.C.Vとは、

The Laboratory for Creates Valueの略で「価値創り研究室」の事です。

 

「価値創り研究室」とは、

お客様からの、お直し品、クレーム品や、縫製段階や企画段階で見つけた不具合など、「なぜ、そのようになったのか」の「なぜ」を「解る」ようにする研究室です。

「なぜ」から、新しい縫製方法や、生地の開発など、新しい価値を創り出すきっかけの場となっています。

 

L.C.V - 価値創り研究室

ヤマト屋の1階エントランスから中を見ることが出来ますので、ご来社の際は是非ご覧ください。

 

そんな、L.C.Vに、新しい仲間が加わりました!

その名も、「マイクロスコープ 500万画素」

マイクロスコープ 500万画素

200倍まで拡大が可能となっており、生地についている洗剤残りなども観る事ができる高性能カメラです!

※マイクロスコープの画像の後ろ、パソコンの画面に生地の表面が映し出されていますね。

 

これで、糸の切れ方や、バッグのすり切れ方、金属部分の削れ方、目で見えない傷などを細かく観る事が可能です。

今までも、マイクロスコープはあったのですが、画素数が上がり、ライトの光量調整や、シャッター機能、固定台など様々な機能も加わったり使いやすさがアップしましました!

これから、L.C.Vのメンバーとして活躍していきますのでよろしくお願いいたします!

老舗ヤマト屋とは?

明治25年浅草仲見世で創業した老舗のバッグメーカーです。
ヤマト屋のバッグを使うとワクワクしてお出かけしてしまう。軽くて柔らかい、実用性に優れたバッグを豊富な形と色から楽しんでいただけます。
ヤマト屋オンラインショップ