ヤマト屋かばん開発ブログ

今日は日本テディベア協会とヤマト屋について少しお話します

 

店長の正田は、日本テディベア協会の理事を務めており、テディベアの普及を通して、災害支援や施設・子供病院などへのボランティア活動をいたしております。

ヤマト屋のテディ、ミニテディ、トレゾールモノシリーズをテレビ・雑誌・店頭などで販売をしながら

テディベア協会の存在と活動をアピールしています。

IMG_0819

 

テディベアのゴブラン織との出会い

忘れもしない、2000年9月のことです。生地メーカーの買い付けに展示会に行った際、テディベアのゴブラン織が目に飛び込んできて、まさに「ひと目惚れ!」 衝撃を受けました。

Yamatoya_Teddy_Tapestry
ただ一言「すごい!」と、生地に吸い込まれるような気持ちになったのを覚えています。

その場で、バッグのデザインすらイメージせずに即発注してしまいました。

もともと小さいころからクマのぬいぐるみは好きでしたが、この生地に出会ったことで一気にテディベアファンになり、ちょうど1年後の2001年9月には“日本テディベア協会”に加盟、2007年4月には協会理事就任を果たしました。

“テディベアを日本の文化にし、テディベアを通してボランティア活動をすること”を目的にした協会に共感し、応援したいと思っての加盟でした。

メディアなどに出演していることもあり、私でも宣伝のお手伝いができればと思ったのです。

また、この協会と出会ったことで、テディベアの存在意義や価値などを深く学ぶようになりました。
テディベアは、人の心に癒しを与えると同時に、励ましてくれる存在です。

欧米では、赤ちゃんが生まれると、元気に育ってほしい願いを込めてテディベアをプレゼントするそうです。

ヤマト屋の<ラビラビ>というブランドには、“楽しい”という意味のフランス語“Ravi”を2つ重ね、手にすると嬉しくて楽しくてたまらなくなるという思いを込めました。

ヤマト屋としての根本は、“元気で楽しくお出かけしてほしい、お客様に元気を伝えたい”という考え方なので、これはまさにテディベアと同じだと思っています。
また、ゴブラン織にしても、ヨーロッパ自体のレベルが高い中、これだけ奥行きのある柄と質感を表現できるのはフランスの感性だと思います。

これからも、もっとお客様にテディベアのよさを知っていただいきたいです。

IMG_7269

ヤマト屋の収益の一部を、テディベア協会の活動の為に使用しております。

 

日本テディベア協会とは

テディベアが好きな方たちが集まった団体であり、 テディベアのもつ愛らしさ、やさしさを伝え、テディベアを通してボランティア活動などの社会的文化貢献を目指す会員組織の非営利団体です。

テディベア協会

主な活動
1.会報誌の発行
2.テディベアイベントの開催(テディベアコンベンション他)
3.各種催事の後援などのテディベア普及啓蒙活動
4.災害支援や施設・子供病院などへのボランティア活動
(WITH BEAR FUND テディベア基金)

 

ヤマト屋のテディシリーズ

ヤマト屋 ミニテディ シリーズ

ヤマト屋 ミニテディ シリーズ

ヤマト屋 テディ シリーズ

ヤマト屋 テディ シリーズ

ヤマト屋 トレゾールモノ シリーズ

ヤマト屋 トレゾールモノ シリーズ

ヤマト屋 キキテディ シリーズ

ヤマト屋 キキテディ シリーズ


2014年12月4日

                株式会社 ヤマト屋

 

年末年始 休業のお知らせ

 

いつも、ヤマト屋をご愛顧戴き本当にありがとうございます。

心より感謝申し上げます。

年末年始のお休みを下記に記載いたします。

休業日中は、商品発送及びお問い合わせに対するご回答ができませんのでご了承ください。

年末年始は運送便の混雑が予想されますので、お早めのご注文をお勧めいたします。

 

  • 休業日 12月28日(日)~ 1月4日(日)
  • ※年内ご注文受付 12月27日(土) PM 12時迄

 

  • 12時27日(土)PM12時~1月5日(月)のご注文は、1月6日(火)以降のお届けとなります。(一部地域を除く)

12月に入り、ヤマト屋がある蔵前周辺の銀杏の葉が、鮮やかな琥珀色に染まり、冬を演出しています。

ヤマト屋は、週に1回 蔵前3丁目全体を1時間かけて、環境整備をします。

環境整備は、簡単に言えば清掃ですが、それだけではなく、草むしりや側溝の中の清掃や、地面のガム剥がし、道路の中央分離帯の掃除など、幅広く行っています。

自分たちが働いている地域のキレイに、またこの地を訪れる方に心地よい時間を過ごしていただけたらと、活動をしています。

蔵前3丁目では、ヤマト屋の他にも掃き掃除などをする企業様もあり、この辺では一番綺麗な一画になっています。

20141202

 

街がキレイになると、気持ちいいですよね!

20141202_1

 

店長が羽織っている、法被の胸元に「大江戸清掃隊」と書いてあるのはご覧いただけますか?

そうなのです、台東区進める「まちの美化」に賛同する企業が、「大江戸清掃隊」として活動しています。

ヤマト屋 墨田区に社屋がある時代から、独自で環境整備を続けていました。

この台東区に社屋を移してから、台東区の「まちの美化」に対する考え方と、ヤマト屋が続けてきた活動内容が一致し、「大江戸清掃隊」に登録、さらに、蔵前3丁目の「まちの美化里親」に認定されました。

「台東区 大江戸清掃隊」
登録団体 281団体
登録人数 3,989人

台東区 大江戸清掃隊 概要ページ

 

NV142 ズレスリュックL (金茶)

NV142 ズレスリュックL  (金茶)

この銀杏の季節に、この色のリュックが登場します!

 

 


ヤマト屋の リュックは肩紐がズレ落ちない事は、皆様ご存じかと思います。

女性が街中で機能的に使える、リュック を今まで様々なカタチを作ってきました。

NV142では、その中から3型、人気の高い リュック を選びだし、さらに使い易く進化させました!

女性が街中でもてる機能的なリュックって、以外に少ないんですよね。

さらに、この生地はポリカーボネイトではないのですが、雨に非常に強い素材を使用しています。

肌触りが非常になめらかで、女性らしい素材です。

是非、街中でリュックを使ってください!

これからの足下が滑りやすいシーズンになります。リュックを使って両手を使えるようにしましょう!

しかも、オシャレに。

img_pic000000000534-01 img_pic000000000534-04 img_pic000000000536-01 img_pic000000000535-01

 


人気のトレゾールモノシリーズには、タウン使いにちょうど良い UリュックSがあります。

新色のダスティーピンクがこのリュックSにも登場。

本日、入荷をし、検査を行っています。

素敵で高品質なリュック。どんなシーンでもお使い戴けますね。

ヤマト屋 トレゾールモノ UリュックS

ヤマト屋 トレゾールモノ UリュックS

このリュックを格好良くお使い戴くコツは、

肩紐をちょっと長めにして戴き、腰当たりにリュック本体がくるようにして戴くととても素敵ですよね。

もちろん、一年中どんなシーンでもお使い戴けますが、この冬にイルミネーションを見に行く時なんかに、引き立ちそうですね。
このリュックで、トレゾールモノシリーズで、素敵な時間をお過ごし下さい。

 

老舗ヤマト屋とは?

明治25年浅草仲見世で創業した老舗のバッグメーカーです。
ヤマト屋のバッグを使うとワクワクしてお出かけしてしまう。軽くて柔らかい、実用性に優れたバッグを豊富な形と色から楽しんでいただけます。
ヤマト屋オンラインショップ