ヤマト屋かばん開発ブログ
10月
26
2020

2020/10/26 メールマガジン『10月27日はなぜテディベアの日なの?|ポーチやチャームをプレゼント|数量限定特別販売バッグのご紹介』



10月27日(火)はテディベアの日

■テディ ■ミニテディ
■トレゾールモノ ■和みねこ
いずれかをご購入の方に
オリジナルチャーム

非売品ポーチをプレゼント

10月27日はテディベアの日
アメリカ第26代大統領
セオドア・ルーズベルトの誕生日です

【なぜ、ルーズベルト大統領の誕生日?】

テディベアの”テディ”というのは、 アメリカ第26代大統領セオドア・ルーズベルトの愛称からきています。
1902年の秋、ルーズベルト大統領は熊狩りに行き、瀕死のクマに出くわしました。
ところが、大統領は打ち殺すことを拒み、その熊を助けました。
その出来事が美談としてクリフォードベリーマンの風刺画とともに、 ワシントンポスト紙に掲載されました。 それを見たお菓子屋さんが、一体のクマのぬいぐるみを作り、 セオドア・ルーズベルトのニックネーム”テディ”をもらって”テディベア” と名付けたのがはじまりと言われています。
 

小熊の命を救ったセオドア・ルーズベルト 大統領のやさしい気持ちを思い起こし、 家族や恋人、親しい友人というワクからもう少しひろげて、 “Thinking of you”(あなたのことを思う気持ち)をテディベアを通して伝えて欲しいと、1998年に日本テディベア協会は、セオドア・ルーズベルト大統領の誕生日、 10月27日をテディベアの日としました

大切なひとに”あなたのことを考えている私がここにいますよ” という気持ちを伝えられたら、どんなにすばらしいでしょう。 家族や友達はもちろんですが、 世の中には思いやりの気持ちを必要としている人が沢山いるはずです。



<テディの日対象商品>
数量限定特別販売
ゴブラントート(テディベア柄)


テディベアの日に合わせて
様々なテディベア柄のトートバッグをご用意しました
11リットル(ネオラビパック同等のサイズ)で
A4ファイルが入るたっぷりサイズ

シンプルなデザインですが
内側にオープンポケットをひとつお付けしました。

口元はオープン仕様(留め具はありません)
高級ゴブラン織をラフに使ってください



<テディの日対象商品>
さりげなく愛らしい
猫柄のエコバッグ

軽くて薄いのに
耐荷重は約40kgととても丈夫
和みねこ マイバッグL


ペットボトルや
お米など重たいものを入れても
問題ありません

愛らしい柄なのに
とても丈夫なエコバッグ

マイバッグLサイズの
保温保冷インナーケースLも新発売



<テディの日対象商品>
コンビニやお散歩
旅先の朝食時など
あると便利な手提げです

愛らしいテディベア柄
軽くて柔らかい


サイズが小さくても
軽くて柔らかいのが
使いやすい

ランチタイムや
コンビニやお散歩
旅先の朝食時など
サッと入れて
スマートに使える手軽さ

小さく折りたためる
柔らかさがあるのも嬉しい



<テディの日対象商品>
数量限定特別販売
ミニテディ 『赤』 ワンハンドル巾着

ミニテディの赤を
特別にお作りしました


テディベアの日に合わせて
特別にお作りしたのが
赤い地色のミニテディ

背景のお色は『黒』ですが
以前TV通販オリジナルで
お作りした『赤』のご要望を戴き
特別に巾着などを
お作り致しました

数量限定商品になります



インスタグラム利用者限定
ヤマト屋10月プレゼントキャンペーン実施中
リール・IGTVも始めました
ヤマト屋 インスタグラム
https://www.instagram.com/yamatoya1892/


ヤマト屋オンラインショップ

コメント

コメントは受け付けていません。

ヤマト屋開発ブログTOP

老舗ヤマト屋とは?

明治25年浅草仲見世で創業した老舗のバッグメーカーです。
ヤマト屋のバッグを使うとワクワクしてお出かけしてしまう。軽くて柔らかい、実用性に優れたバッグを豊富な形と色から楽しんでいただけます。
ヤマト屋オンラインショップ